票 ( %)
  • 【選択肢1】
  • 【選択肢2】
  • 【選択肢3】
  • 【選択肢4】
  • 答えは追加できません

3
コメント

  • タグの書き込みはできません
  • コメントの修正、削除には必ずパスワードが必要ですので必ず保管してください。
明るいイメージ、軽いイメージの案を上司に事前にもっていき、
印象はどちらが合致しているかを確認する。

1:情報収集が出来ていますが。しかし、レイアウト案をどうしたいのか?の具体的な提示ができていないため、課題が残ります。
2:同僚に相談していることから、計画組織力が発揮されています。しかし、最終的にレイアウト餡を作らないとならないため、この行動で終了してしまっているので課題が残ります。
3:任せられたことへの感謝を示し、ヒューマンスキルが発揮されています。加えて、自社商品を用いることは、創造性の発揮と具体的にレイアウト案を作るという意思決定ができている解凍のため、良い解凍です。
4:将来のリスクについて、キャッチできています。しかし、現状自分が求めらていることを察知する当事者意識=今回であれば、上司からの期待に応えていないので、-ポイントです。

いかがでしたか?3のように、当事者意識と創造力、洞察力を発揮して物事を解決するとよいのではないでしょうか?
まずは、状況確認を優先すべし
現場、目的、上司の考え
自身なら、チームを急ごしらえしてメンバーで計画立てて、と。
選択肢としては、現状把握が含まれているこれにした。