票 ( %)
  • 【選択肢1】
  • 【選択肢2】
  • 【選択肢3】
  • 【選択肢4】
  • 答えは追加できません

2
コメント

  • タグの書き込みはできません
  • コメントの修正、削除には必ずパスワードが必要ですので必ず保管してください。
熱意のあるセールストークに水をさすようで申し訳ないが、お帰りいただく。
パンフレットだけおいていただき、興味があればこちらから連絡する旨を伝える

1:明確な意思決定と根拠が示されています。しかし、親の意見を聞いていないので、情報収集に課題があります。
2:将来のリスクを理解して対応できています。また、計画組織力が発揮されています。しかし、親自身がほしいものかいなか、情報収集がされてないいので、課題が残ります。
3:情報収集ができています。今、訪問している方への意思決定がみられないため、課題が残ります。
4:当事者意識が発揮されています。また、自分が対応することで、情報収集と将来のリスクになりえるものなのかの判断ができると考えられます。

今回はいかがでしたか?とても難しい部類の問題です。2と4のように、将来のリスクをキャッチして、親の案件でも自分が何をすることができるかを考えて行動することが、インバスケット志向ではないでしょうか?
実家ということは、普段は自分は対応できない。後々のことも考えて、専門家に相談して恒久策を検討する。